あなたが知りたい溶連菌の情報大集合

溶連菌とは正式には溶血性レンサ球菌と言い、上気道炎や皮膚の化膿など、様々な感染症の原因となる細菌です。溶連菌は正式には溶血性連鎖球菌(ようけつせいれんさきゅうきん)といいます。α溶血とβ溶血を呈する2種類があり、後者でヒトに病原性を有するものは、A群、B群、C群、G群などです。溶連菌感染症の90%以上がA群によるものです。また、一般的に溶連菌感染症として知られているのは、A群溶血性連鎖球菌(A群β溶血性連鎖球菌)が原因の感染症です。この菌はもともと人間ののどに住んでいる菌で、健康な人でも5~20%の割合で持っているそうです。

溶連菌感染症の原因は、A群溶血性連鎖球菌とよばれる細菌で、感染者のくしゃみや咳・唾による「飛沫感染」と、細菌がついた手が鼻や口に触れてしまう「接触感染」により感染してしまいます。 冬と春から夏にかけて流行するケースがよく見られます。乾燥する冬は、喉の痛みが重症化することが多く、春から夏にかけては、発疹の症状が重症化することが多いようです。

溶連菌の症状として代表的なものは、発熱、咽頭炎、扁桃腺炎、頭痛や腹痛などです。しかし、3歳未満ではあまり熱があがらないと言われています。そして、体や手足に小さくて紅い発疹が出たり、舌にイチゴのようなツブツブができたりします。大人の場合、のどの痛みは半端ないことが多いですね。また発疹が治まったことに手足の皮がむけることがあります。

溶連菌の治療方法として、抗生剤を使って治療するのが普通です。1~2日で熱やのどの症状も改善できます。少し菌が残っていると前述した急性腎炎、リウマチ熱、アレルギー性紫斑病などを起こすことがありますので、これらの予防のためにしっかりと抗生剤を内服します。薬の種類によって 内服する期間は異なりますが、よく使用されるペニシリン系の薬ですと、10~14日間(一般的には10日間)くらいは必要です。症状が完全に治るまで、油断できない病気です。症状を放置していると、を引き起こします。おもに心臓弁膜に障害などを起こすリウマチ熱や、血尿やむくみを伴う急性(きゅうせい)糸(し)球体(きゅうたい)腎炎(じんえん)、全身の皮膚に赤い発しんが現れる猩(しょう)紅熱(こうねつ)などがあげられます。

溶連菌感染症の感染経路は飛沫感染が主であるため、手洗い、うがいを徹底して、感染を予防することは、重要です。また、マスクをするのも予防に繋がりますので、人の多いところへ出掛ける時や学校や幼稚園などにマスクをして行くのもよいでしょう。また、すでに家族内で感染者がいる場合には隔離をする、食器を共有しないように気をつけましょう。

シアリスは、女性には、海綿体が無いので、勃起という効果はありえません。

レビトラ(一般名、塩酸バルデナフィル水和物)は体の血管を拡張させ、全身の血液の巡りを良くし、勃起を促進します。

▶そもそもアイピルが手元に届いてから本物か偽物かどうかを見分ける段階が遅すぎます。海外通販を利用する前に信頼できるサイト(業者)なのかを見分けることが重要です。

媚薬の一番目立つところはやはり女性の感度をアップさせて、性欲を高める効果です。短い時間で催淫効果を発揮し、底なしの女の性に火をつける魔法の液体。普通は服用後30分~1時間で性欲を引出し、ダメの女でも刺激なセックスができるようになります。

▶早漏には治療法があります。だからこそ、まずは医師へ相談をすることが重要です。診断により、早漏ではないかと思っていたところ、明らかな原因がわかることもあります。